ドローンスクール DOSA愛知校 / 株式会社 DRONE Fantasy

お問い合わせフォーム

E-Mail

2022年12月制度開始:無人航空機操縦ライセンス制度ってナニ?


現在は、ドローンを操縦するうえで免許制度は導入されておりませんが、ついに、12月5日からスタートすることとなりました。現状、民間資格は多くありますが取得しなくてもドローンの飛行は可能です。飛行の禁止空域や飛行の禁止方法で飛ばすには、国交省の許可・承認が必要となりますが、民間資格があれば一部書類が簡略化されるというメリットはあります。では今後、民間ライセンスと国家ライセンス、どうなっていくの?ということが気になると思いますが、まずは、国家ライセンス制度になる背景をお話します。

一番はレベル4の飛行の実現のために、つまり現在飛行することが認められていない有人地帯の第三者の上空を補助者なし、操縦者の目視無しでドローンを飛ばすことを可能にするために制度整備がされ、その一つに国家ライセンス制度が導入となりました。
もともとは2015年11月に未来投資に向けた官民対話での総理ご発言がスタート。将来的に人口密集地でも配送やインフラ点検などができるようにと制度整備が進み、2017年空の産業革命に向がたロードマップでは、資格制度についても明記されております。約6年前から構想があり、ようやく2022年12月にスタートということになりました。

新たに飛行可能となるレベル4、なんですか?ということですが、カテゴリー分けの図で説明します。
※国交省のPDF(三角の絵)

飛行リスクに応じて3つのカテゴリーに区分、その中で最もリスクが高いのがカテゴリーV=レベル4、現在の航空法上認められていない飛行が新たに新設されました。
ここで大事なところは、機体認証及び操縦ライセンスが必須、必ず許可・承認が必要となります。今後、物流事業などをやる事業者の方は、一等ライセンスが必須となります。
現在、ドローンを許可・承認をとって飛ばしている方は、カテゴリーUとなります。
機体認証および操縦ライセンスは任意となっており、従来通りの許可・承認で飛行が可能ということで、国家ライセンスは任意ということです。
二等ライセンスのメリットは、二等ライセンスと機体認証を取得していれば、これまで包括申請で可能だった飛行の許可・承認が不要となります。

現行制度から具体的にどう変わるか、ですが、
レベル4(カテゴリーV飛行)をするには一等ライセンスが必須。

現行のカテゴリーUAは、空港周辺・高度150メートル以上・ 有人地帯における機体人人相、飛行付加→飛行化

操縦ライセンス制度の概要
・ドローンを飛ばすために必要な知識及び能力を証明する制度(技能証明)を創設
・技能証明の試験は、国が指定するもの(指定試験機関)が行う。国の登録を受けた講習機関の講習を修了した場合は、実施試験を免除

ドローンの屋外での飛行は、航空法により制限されています。違反をすると、50万円以下の罰金を科せられる場合もあり、法律や安全についてドローンスクールで学び安全に飛行させましょう。DOSAグループでは、Fly Safeのスローガンを掲げ、安全飛行は勿論ですが、ドローンに関係する、万が一の人命救助(DCE)や、人間はミス犯す事が前提での安全教育(CRM)などをいち早く取り入れドローンスクールでのレッスンでも生かしております。(別途各専用講習も千葉本校にて行っております。)

受講に関するお問い合わせ・お申込みは、お問い合わせフォームまたは、直接メールにてご連絡下さい。

 

ドローンに関する質問や、2022年12月5日スタートの国家資格など、知りたいことなど有りましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

DOSAグループで得た民間技能資格は、国家ライセンスが始まる12月5日以降に、技能講習では、経験者向け講習に該当いたします。ので、国家ライセンス取得時には、講習時間や費用等は減免されます。詳しくは、詳細が決まり次第お伝え致します。

 


 

DOSA愛知校では、登録講習機関として、エントリーして準備を進めております。

(2等資格限定解除)

 

 実技会場

刈谷市小垣江町 DRONE Fantasyフィールド刈谷

約300坪の飛行エリア(DID外)

一般道路・隣地に接している為、使用には、国家ライセンスまたは、民間ライセンス所持者などドローン経験者に限ります。(要:人または物件から30m 以内の飛行許可申請が必要です。)
初学者のレッスンは、岡崎フィールドのみで行います。

 

ドローンスパイダー DS-005PROのテスト動画

https://www.youtube.com/watch?v=dUuL77lQuwc

岡崎市外山町クロカタ DRONE Fantasyフィールド岡崎

約870坪の飛行エリア(DID外)

四方を木で囲われているので、第三者の立ち入りがないプライベート空間

航空法上最大の149mまで上昇可能・平地直線60m

2022年10月1日オープン(10:00〜16:00)

フォールド時間貸しもいたします。使用価格は後日発表いたします。

空き状況は、お問い合わせフォームまたは、E-Mailでお願いします。

出張フィールド

法人様など、十分なスペースがある場合など、出張講習もご対応可能です。

DID外に限る。

参考写真は、愛知県知多市での出張講習講習風景(2022.08)

お気軽にお問い合わせ下さい。

座学会場及び実技会場は、状況により場所が変更になる場合があります。


 

国土交通省ホームページ : 無人航空機の飛行ルール
無人飛行機登録制度
DIPS : ドローン登録システム
DIPS : 無人航空機飛行許可申請
ドローン情報基盤システム(飛行情報共有機能)

ドローンを屋外で飛行される場合は、航空法の適応になります。機体登録・飛行申請等ルールを守り安全に飛行させましょう。

※ドローンに関する質問や疑問にもお答え致します。お気軽に問い合わせフォーム又は、メールにてご連絡下さい。(無料)

 

お問い合わせフォーム

E-Mail

 

ご挨拶

 

 

 

このホームページでのすべての画像には、著作権及び肖像権があります。無断使用は法的に処罰されます。

アクセスカウンター